新しい視点から再創造された新しいX線
システム

Nanoxは画像システムにかかるコストを桁違いに削減出来るX線源を開発しました。私たちは画像システムをグローバル展開しようとしている世界的企業であり早期発見・予防医療を健康の新しい基準として推進する事が目標です。

SCROLL

医療用画像システムの不足

世界保健機構(WHO)によると、世界人口の2/3が医療用画像システムを利用することが出来ません。多くの人々が画像診断の利用と結果に、数週間から数か月間 待つことを余儀なくされています。

画像診断による早期発見は、がん患者だけで年間何百万人もの命を救う可能性があります。

医療用画像システム(CT、MRI、PETなど)は、病の早期発見の手段です。

従来のシステムは、グローバルに展開するには非常に複雑で高価です。

トップクラスの医療用画像システムの価格が100万~300万ドルのため、患者に対しタイムリーに予防診断を行うのは、世界的基準では依然として一般的ではありません。

私たちの技術は全てを変えます。

“Nanox ARC” について

8年以上の開発により、医療用画像システムのコストと設置面積の大幅な削減を可能とする今までにない新しいデジタルX線源を開発しました。

Nanoxイニシアティブ

医療用画像システムの可用性を高める

手頃な価格のペイ・パー・スキャン・サービス(システムの利用ごとに支払うサービス)での医療用画像システムのグローバル展開

近い将来、15,000台のシステムをグローバルに展開する事を目指しています。

Nanoxは政府や医療機関と協力し、全ての社会経済コミュニティで画像診断を利用できるようにします。

予防医療の為のグローバルな
「1x1x1イニシアチブ」

1年ごとに、
1患者ごとに、
それぞれ1スクリーニング

HOPE

私たちのリーダーシップ

数十年に渡る関連経験と大規模なグローバルプロジェクト、医療システムエンジニアリング、ビジネスにおいて成功してきた強力なチーム。

ラン・ポリアキン

創業者兼CEO

ワイヤレス充電企業の創設者、複数のカテゴリーにわたり人生を変えるテクノロジーと発明を中心にグローバルに活動する起業家

桝谷仁

共同設立者、日本研究所マネージャー

Nanoxプロジェクトにソニーと共同出資、現在はNanox Japanの運営を指揮しており取締役

モリー・ブルーメンフェルド博士

アドバイザリーボード会長

GE勤続35年以上、ブルーメンフェルド氏はGEでCTやMRIなどの医療診断システムの開発と商品化に多大な経験を積んで来た

ヨエル・ラアブ

CTO

元インテルおよびオルボテックメディカルのエグゼクティブであるヨーエルは理学士号および応用物理学修士号。数十年にわたるマイクロエレクトロニクス製品開発の経験を持つ

アナト・カファン

製品マーケティングVP

Mazor Robotics、Philips Medical、およびLumenisに勤務し、医療システムの開発とマーケティングで20年以上の経験を持つ

リディア・エドワーズ

NANOX USA社長

過去15年間米国および国際市場で医療分野に従事。特に肺疾患と救急医療に関するソリューションの販売に特化して来た

イツハク・マーヤン

最高財務責任者

Perrigo、Cisco Systems、Xtivia Technologies、Elscintを含む多国籍企業で25年以上財務幹部として勤務

タル・シャンク

SVP企業開発

15年以上に渡り国際分野での商法とグローバル営業開発を経験。プライベート企業と公開企業で大きな実績を積んできた

アミール・ベン・シャローム博士

CSO

250を超える特許を取得および申請中。科学者、エンジニア、著者、教師であり、高出力アナログ回路およびエレクトロオプティックの専門家

ブルース・エドワーズ

VP営業開発

グローバルなマーケティング、販売、戦略的事業開発で実績を持ち、医療およびハイテク分野の起業家

お問い合わせ

医用画像システムベンダー、放射線学会、医療診断AI会社、政府機関、医療関連企業などの関係者の方々、お問い合わせください。話し合えることが沢山あるはずです。

nanox.visionをサポートし、貢献できると信じている人を歓迎します。

Thank you! Your submission has been received!
Something went wrong while submitting the form. Kindly try again later.